定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

民泊予約サービス「Airbnb(エアビー)」って危ない?安全に利用するために知っておくべき5つのこと

近年、旅行の宿泊先として民泊サービス「Airbnb(エアビー)」が人気を集めています。ホテルよりも格安で、現地の生活を体験できるというメリットから、多くの旅行者が利用しています。

しかし、Airbnbは通常のホテル予約とは異なり、様々な注意点があります。本記事では、実際に国内外で何度もAirbnbを利用したことがある筆者が、実体験を踏まえながら、安全に利用するために知っておくべき5つのポイントを解説します。

1. 管理者が施設に常駐しているとは限らない

個人が管理する民泊物件は、フロントマンの常駐するホテルとは大違い。

Airbnbの物件には、ホストが管理者として常に滞在しているタイプの物件と、ホストが別の場所で生活しているタイプの物件(別荘など)の2種類があります。後者の場合は、チェックイン時にホストと顔を合わせないケースも多く、よってトラブルが発生しやすい状況と言えます。

実際に筆者も、過去に貸切の物件で、鍵の受け渡し方法が不明確で数時間部屋に入れないトラブルを経験しました。また、中にはチェックイン時刻にホストが全く連絡が取れなくなり、Airbnbのサポートセンターに介入してもらうまで解決に至らなかったケースもあったほど。チェックインカウンターの備わっているホテルとは、まるで勝手がことなることを理解しておきましょう。

2. チェックイン方法が物件によって異なる

Airbnbの物件は、鍵の受け渡し方法が様々です。一般的なのは、ホストが直接鍵を渡す方法ですが、中には暗証番号式のキーボックスや、玄関に鍵を置いておくセルフチェックイン、また遠隔地いにるホストとビデオ通話でやりとりをする方式などもあります。

チェックイン方法は物件ごとに異なるため、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。特に、初めての場所や言葉の壁がある場合は、トラブルを避けるために、ホストに直接鍵を渡してもらう方法が取れる物件を選ぶことをおすすめします。

3. 粗悪な物件も存在する

Airbnbには、写真と実物が大きく異なる物件や、設備が壊れている物件、清掃が行き届いていない物件など、粗悪な物件も存在します。一般的なホテルであれば、複数のレビューサイトやGoogleマップの評価を見ることである程度チェックすることができますが、Airbnb物件の場合は他サイトに掲載されていないケースが多く、参考情報を得るのが困難です。

予約前に、必ず過去のゲストのレビューを確認し、物件の状態についてよく理解しておくことが大切です。また、複数の写真を掲載している物件を選ぶことで、物件全体の雰囲気を把握しやすくなります。

4. 違法民泊も存在する

実際に筆者が九州で出会った物件に貼ってあった張り紙。民泊事業禁止のマンションにもかかわらず、その一室がAirbnbで貸し出されていました。

国や地域によっては民泊に関する規制・が厳しく、違法民泊が存在するケースもあります。違法民泊は、安全基準を満たしていない物件も多く、トラブルが発生しやすいだけでなく、法的な問題に巻き込まれる可能性もあります。

特に日本国内においてよく見られるのが、マンションなどの集合住宅の中でマンション規約に違反しながら営業を行っている民泊物件。こういった物件に泊まると、近隣住民から通報を受けたり、強制退去させられたりなどの大きなリスクを被ることとなります。

予約前に、必ず物件が違法民泊ではないか確認するようにしましょう。Airbnbには、違法民泊の物件を検知するシステムが導入されていますが、完璧ではありません。念のために、現地行政機関のホームページなどで違法民泊のリストを確認することをおすすめします。

5. 表示上の住所が実態と異なるケースがある

メディナにて、予言者のモスクのど真ん中に立地する物件。もちろんこんなところに宿泊施設はありません。

Airbnbの物件の中には、プライバシー保護のため、実際の住所ではなく近隣の住所が表示されているケースがあります。特に、繁華街にある物件などは、この傾向があります。

実際に筆者も、過去に表示上の住所と実際の住所が大きく異なる物件に宿泊した経験があります。その物件は、駅から徒歩圏内に表示されていましたが、実際には駅からかなり離れた場所にあったため、移動に時間がかかりました。

予約前に物件の周辺環境をよく確認し、実際の住所が問題ないか確認するようにしましょう。Googleマップなどで物件の位置を確認したり、ホストに実際の住所を尋ねたりするのも有効です。

いかがでしたでしょうか?

Airbnbは、格安で宿泊先を探すことができる便利なツールですが、安全に利用するためには、様々な注意点があります。今回紹介した5つのポイントを参考に、事前にしっかりと情報収集を行い、トラブルを避けるようにしましょう。

また、何か不安なことがあれば、Airbnbのサポートセンターに相談することをおすすめします。Airbnbを安全に、そして快適に利用してみてください!