定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

JAL特典航空券予約システムでのエラーコード「5685 - 2201」原因と対処法

こんにちは、旅行愛好家の皆さん!今回は、JALマイレージ特典航空券予約システムを利用する際に遭遇する可能性のあるエラーコード「5685 - 2201」について詳しく解説します。このエラーは、ワンワールド特典航空券予約やJMB提携航空会社特典航空券予約など、他社提携便を予約しようとする場合に発生することが多いです。この記事では、エラーの原因とその対処法について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

エラーコード「5685 - 2201」の概要

残席アリのはずなのに、何で予約に進めないの?と混乱を生じるエラーコード

JALマイレージ特典航空券予約システムを利用しているときに、エラーコード「5685 - 2201」が表示されることがあります。このエラーは、以下のような状況で発生することが多いです

1. ワンワールド特典航空券予約: ワンワールドアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券を予約しようとする際に発生することが多いです。
2. JMB提携航空会社特典航空券予約: JALマイレージバンク(JMB)提携航空会社の特典航空券予約でも、このエラーが表示されることがあります。

このエラーが表示されると、「選択されたフライト、キャビン、またはその両方の運賃が見つかりません。もう一度検索して、他のキャビン、他のフライト、またはその両方を選択してください。」というメッセージが表示され、予約手続きを進めることができなくなります。特に、「前のページでは残席があったはずなのに、なぜか残席無し扱いになる」というケースが多く、非常に厄介な現象として知られます。

エラーの主な原因

エラーコード「5685 - 2201」が発生する原因はいくつか考えられますが、主なものは以下の通りです:

1. 残席情報の更新遅れ: システムが最新の残席情報を取得する前に、前の画面で「残席あり」と表示されても実際には残席がなくなっている場合があります。このため、予約を進める段階で残席無しと表示されることがあります。
2. キャビンや運賃の変更: 選択したフライトやキャビンの運賃がシステム上で変更されている場合、このエラーが表示されることがあります。
3. システムの不具合: JALの予約システムや提携航空会社のシステムとの通信に不具合が生じている場合にも、エラーが発生することがあります。

エラー発生時の対処法

このエラーが発生した場合、以下の対処法を試みることが推奨されます:

1. 再検索を行う

エラーメッセージにもある通り、他のキャビンやフライトを選択して再度検索を行います。特典航空券の空席状況は変動しやすいため、別のオプションを試すことが有効です。

2. 時間を置いて再試行する

残席情報の更新やシステムの一時的な不具合が原因の場合、少し時間を置いてから再度試みることで問題が解消することがあります。

3. JALのカスタマーサポートに連絡する

上記の対処法を試しても解決しない場合、JALのカスタマーサポートに連絡してサポートを受けることが最も確実です。電話やメールでの問い合わせを通じて、エラーの詳細な原因を調査してもらい、適切なサポートを受けることができます。

4. 他のルートを試す

可能であれば、別の出発地や経由地を試してみることで、特典航空券の空席を見つけることができる場合があります。

まとめ

エラーコード「5685 - 2201」は、JALマイレージ特典航空券予約システムで他社提携便を予約しようとする際に発生することが多いエラーです。主な原因としては、残席情報の更新遅れ、キャビンや運賃の変更、システムの不具合などが考えられます。このエラーが発生した場合は、再検索、時間を置いて再試行、JALのカスタマーサポートへの連絡、他のルートを試すといった対処法を試みることが推奨されます。

前のページでは残席があったはずなのに、なぜか残席無し扱いになる、という状況に困惑してしまうことかと思いますが、冷静に対処することが重要です。これらの対処法を通じて、エラー「5685 - 2201」による不便を最小限に抑え、スムーズな特典航空券予約を実現することが可能です。エラー発生時には冷静に対処し、必要に応じてJALのサポートを利用することで、問題を迅速に解決することができます。

旅行の計画を立てる際には、こうしたエラーも念頭に置いておくと、よりスムーズに手続きを進められます。皆さんの旅が素晴らしいものになりますように!