定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

【2024年7月末開催】三宅島旅行は花火大会のタイミングを狙え!「ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバル」のすすめ【体験レポート】

迫力満点の花火で夏休みをスタートさせるなら三宅島へ!

三宅島は、美しい自然と豊かな海洋資源に恵まれた場所として、多くの観光客に愛されています。その中でも、毎年夏に開催される「ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバル」は、地元住民と観光客が一体となって楽しむ一大イベントです。特に、フィナーレを飾る花火大会は、三宅島が一年で最も盛り上がる瞬間、と言っても過言ではありません!

今年もこのイベントが開催される予定であり、三宅島観光に訪れるならこのタイミングが絶好のチャンス。この記事では、2024年の開催概要と、2023年の訪問レポートを交えてその魅力を紹介します。夏休み前に是非お読みください!

ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバルとは?

島民が一丸となって楽しむ夏祭り

「ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバル」は、三宅島で毎年開催される夏祭りです。2024年には第29回目を迎え、7月27日(土)と7月28日(日)の2日間にわたって開催される予定となっています。開催地は例年通り錆ヶ浜港駐車場で、雨天の場合は阿古体育館に会場が変更されます。

2024年のプログラム

7月27日(土)
開場:午後5時00分

  • オープニングセレモニー:午後5時00分~午後5時50分テープカットや挨拶、餅撒きなどのセレモニーが行われます。
  • ステージ:午後6時00分~午後8時25分 友島の芸能披露や特産品プレゼント、ラッキー宝くじ抽選会などが楽しめます。
  • 模擬店・郷土料理コーナー:午後5時00分~午後9時00分 地元の美味しい料理やお土産を楽しめるコーナーが並びます。
  • 花火大会:午後8時30分~午後9時00分 夜空を彩る大打上花火大会は、フェスティバルのハイライト。


7月28日(日)

  • 開場:午後4時00分
  • ステージ:午後4時00分~午後9時00分 ゲーム大会やサークル活動発表、郷土芸能などが披露されます。
  • 福引抽選会:午後4時30分~午後7時30分 楽しい景品が当たる福引抽選会が開催されます。
  • 模擬店・郷土料理コーナー:午後4時00分~午後9時00分

お祭りの目玉でもある花火は、2日目のフィナーレではなく1日目に行うスタイル。雨天の場合は2日目に延期する形となります。

2023年訪問レポート

さて、そんな「ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバル」ですが、2023年の開催時に訪れた際の体験を元に、イベントの魅力をお伝えします。

今回、三宅島にはダイビング&イルカシュノーケリング目的で訪問しました。金~月の3日間、がっつり三宅島の大自然を堪能してきたので、その話はまた別の記事で詳しくレポートしたいと思います。島に到着した時の印象は、自然の豊かさと島民の温かさでした。

三宅島でのマリンアクティビティについてはまた別記事で紹介します!

一通り海や山で遊んだ後、夕方からお祭りに合流。お祭りの日は島民総出で遊びに来るようで、周囲の飲食店は閉まっているかもしれないと聞いていたため、屋台のご飯を片手に伝統芸能のステージを楽しむことに。普通の屋台メシだと侮ることなかれ。会場では、三宅島特産の新鮮な魚介類を味わうことができました。特に、地元の漁師さんがその場で焼いてくれる魚介のバーベキューは絶品で、普段味わえない贅沢なひとときを過ごしました。また島の子供たちが踊る舞踊や、太鼓の演奏は力強く、観客席から大きな拍手が送られていました。

島にとどろく太鼓の音色に耳を傾けながらいただく島グルメ、絶品でした。

そして、初日の締めくくりに行われた花火大会は壮観でした。会場には多くの観光客と地元住民が集まり、夜空を彩る花火の数々は息をのむほどの迫力で、感動的な時間を過ごすことができました。夜空に打ち上げられる花火は、大輪の花が咲くように美しく、観る者すべてを魅了しました。特に、三宅島のシンボルである火山の噴火をイメージしたかのような、ラストの真っ赤な一発には大変感動しました。

島を包み込むような大きな赤い花火で夏祭りの1日目が締めくくられました。

ちなみに、フェスティバル会場からでも十分花火が楽しめるのですが、人が多く少し見辛かったので、レンタル自転車で穴場探しをしました。最終的に、メガネ岩の近くに絶好の花火観覧スポットを発見したので、祭りの最後はそこで過ごしました。

三宅島観光をするならレンタル電動自転車の利用がオススメ。気持ちいい島の太陽の下、体をいじめよう!

三宅島でのレンタル自転車の利用方法・体験レポートについてはこちらをご覧ください!

www.kosupatravel.com

余談ですが、福引抽選券の景品が独特でとても興味深く感じました。東京までの橘丸(フェリー)乗船券がグレード別に用意されていたり、三宅島空港から調布飛行場までの往復航空券が用意されていたり、と三宅島ならではの景品が沢山。文字通り東京行きの切符を手にした地元の子供が嬉しそうにしていたのがとても印象深かったです(とは言え、三宅島も東京との一部なのですが・・・)。

橘丸は三宅島へ遊びに行くための海のゲートウェイ。金曜深夜に出発して日曜夜に帰ってこれるような弾丸ダイヤもあるので、有給休暇がなかなかとれない忙しい皆様も、是非ご活用ください!

www.kosupatravel.com

まとめ

「ふれあいらんど三宅島マリンスコーレ21フェスティバル」は、三宅島の魅力を存分に楽しめるイベントです。特に、地元の人々との交流や、豪華な花火大会などが印象的です。2024年も多彩なプログラムが用意されており、訪れるすべての人々に素晴らしい体験を提供してくれるでしょう。

ぜひ、夏の三宅島を訪れる際は、このフェスティバルのタイミングに合わせて計画を立ててみてください。美しい自然と温かい人々、そして感動的な花火大会があなたを待っていることでしょう!