定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

【2024年最新】海外旅行時の現金両替はどこが一番お得?海外キャッシングやクレジットカード決済を組み合わせて、手数料を限りなく抑えよう

海外旅行の計画で頭を悩ませるのが、現地通貨への両替です。どこで両替するのが一番お得なのか、手数料やリスクなどを考えると迷ってしまいますよね。本記事では、海外旅行時の両替について、手数料や安全性などを考慮したお得な方法を解説します。

現金両替は手数料が大きい

まず、現金両替は手数料が大きいため、できるだけ避けたい方法です。特に、空港や町の両替所は、為替手数料が数パーセントから10パーセントに上ることもあります。これは、旅行前に両替しておくと、現地で使える金額が少なくなることを意味します。

前提知識:為替手数料は、為替差(スプレッド)による隠れた手数料

ちなみに、こういった両替所は「手数料」という名目でサービス料を請求しているわけではありません。代わりに「海外通貨を買う時のレート」「海外通貨を売る時のレート」に金額差をつけることによって「為替手数料」として実質的な手数料を得ている形となります。これにより、ユーザーとしては「海外通貨を買うときはやたら高かったのに、後で日本円に戻すときにはなぜや安くなってしまった!」という状態が起き、損を生じる形となるのです。

また、為替手数料は通貨によっても異なり、米ドルやユーロなどのメジャーな通貨であればある程度少額で済むものの、タイバーツや香港ドルなど、市場規模の小さい通貨ほど高額になる傾向があります。また、エチオピア・ブルオマーン・リアルなど、あまりにもニッチな通貨の場合は日本円からの直接両替ができないため、日本円⇒米ドル、米ドル⇒エチオピア・ビル、などと2回に分けて両替を行う必要があり、ダブルで手数料が掛かることとなります。

一昔前は、マネーパートナーズのFX利用がオススメだったが

一昔前は、マネーパートナーズなどのFX会社を利用して、事前に外貨を購入する方法が手数料を抑える手段として有効でした。この方法では、事前にFXアプリで日本円を米ドルに両替し、空港の現金受取所で米ドルを紙幣で受け取る、という流れを取ることで、手数料をほぼ0にすることができました。しかし、近年はFX会社による現金受け渡しサービスは廃止されたため、代替手段の検討を余儀なくされました。

おすすめの黄金律

それでは、2024年現在において、どのように海外通貨を用意するのが最もお得・かつ低リスクでしょうか。実は、お得さと低リスクの両方を取るためには、単一の方法ではなく、いくつかの手法を組み合わせて両替を行う必要があります。ここでは、実際に我々コスパトラベラーが旅行時に心掛けている両替手段の黄金律を照会させていただきます。

  • 50%・・・基本的に海外での決済はクレジットカードを利用する
  • 40%・・・必要な現金は、現地ATMで「海外クレジットキャッシング」を利用して引き出す
  • 10%・・・万が一のケースに備えて、予め少額の現金を用意しておく。その場合の両替は、レートの低い大黒屋がオススメ。

ちなみに上記の%はあくまで目安で、合計必要金額の大小によって推奨割合は変わってきます。以下に、詳細を説明して参ります。

1. 基本的に海外での決済はクレジットカードを利用する

クレジットカードは、現金両替と比べて手数料が圧倒的に低く、ポイント還元などのメリットもあります。海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを選ぶと、万が一の際にも安心です。

一昔前では、特に途上国ではクレジットカードが全く使えない等色々と難があったものの、現在は世界的にもクレジットカード決済の導入が進んでおり、大抵のお店ではクレジットカードが使用できるようになりました。国によっては、現金を全く持たずとも旅行を楽しむことができるほど。

2. 必要は現地ATMで「海外クレジットキャッシング」を利用して引き出す

とは言え、個人商店やローカル市場などを利用する場合や、チップを渡す際には現金も必要になりますよね。そういった場合には、現地ATMを使用して必要量を現地通貨で引き落とすようにしましょう。

現地ATMでクレジットカードを利用して現金を引き出す「海外クレジットキャッシング」は、現金両替よりも優遇された為替レートで現地通貨を引き下ろせるため、手数料を大幅に抑えることができます。ただし、利息が発生するため、長期間利用する場合は注意が必要です。

現金両替と海外ATMキャッシングの手数料比較

海外旅行中に現金を必要とする場合、現金両替と海外ATMキャッシングの2つの方法があります。一見、現金両替の方が手軽に思えますが、実は手数料の面で海外ATMキャッシングの方が断然お得なのです。

10万円を米ドルに両替した場合のシミュレーション

10万円を米ドルに両替する場合、現金両替と海外ATMキャッシングの手数料を比較してみましょう。

1. 現金両替

    両替場所: 銀行、郵便局、空港、両替専門店
    手数料(為替手数料): 2~3%程度
    10万円を両替する場合の合計手数料: 2,000円~3,000円

2. 海外ATMキャッシング

    利用条件: 海外キャッシング対応のクレジットカード
    手数料: ATM利用手数料 + 利息
    ATM利用手数料: 100円~220円程度
    利息: 年利14~18%程度
    10万円を両替し、30日後に返済した場合の手数料: 約500円

現金両替で10万円を米ドルに両替した場合、2,000円~3,000円の手数料がかかる一方で、海外ATMキャッシングで10万円を引き出し、30日後に返済した場合、約500円の手数料のみで済みます。このように、現金両替と比べて海外ATMキャッシングの方が手数料が約75%も低く抑えられることが分かります。また、米ドルの場合は両替所の為替レートも比較的良心的ですが、通貨によっては10%以上の為替手数料が発生することも有るので、そうなってくると海外ATMキャッシングとの差はより大きくなります。

また、上記シミュレーションは返済期間30日としましたが、海外キャッシングは「繰り上げ返済」を行う事が可能。クレジットカードに特に申し出を行わなければ、通常の支払いサイクルに基づき概ね30日程度で自動返済が行われますが、クレジットカード会社に電話をして、繰り上げ返済を行いたい旨を告げることで、任意のタイミングで返済をすることができます。帰国直後に返済をすることで、利子をほぼ0にすることが可能なので、余裕のある方は是非トライしてみて下さい。

3. 万が一のケースに備えて、予め少額の現金を用意しておく。その場合の両替は、レートの低い大黒屋がオススメ。

基本的には、クレカ決済、クレカキャッシングで旅行費用のすべてを賄えますが、万が一、クレジットカードが盗難されたり、紛失したり、ATMに吸い取られてしまった場合等に備え、少額の現金を用意しておくことをおすすめします。その場合の両替は、銀行や空港両替所と比較して為替レートの低い大黒屋を利用するのがおすすめです。

黄金律としては全体費用の10%程度の用意を推奨しますが、これはあくまで目安であり、実際に見積もる場合は「万が一の場合に、何とか空港・大使館まで行くためのお金」として足りるかどうか、が重要になってきます。あまりに少ない現金しか用意していないと、現地で路頭に迷ってしまうかもしれません。念入りのご準備を!

gaika.e-daikoku.com

その他の注意点

海外旅行中にクレジットカードを利用する際は、安全かつスムーズに利用するために、以下の点に注意する必要があります。

クレジットカードは複数枚持って行くこと

クレジットカードは、紛失や盗難、ATMトラブルなど様々なリスクに備えて、複数枚持って行くことをおすすめします。万が一、メインのカードが使えなくなった場合でも、予備のカードがあれば安心です。

※実際に私自身も、予期せぬ形でクレジットカードを紛失しました。海外旅行の際にはよくあるトラブルかと思われますので、キャッシング利用をする際には事前に下記の記事もお読みください!

www.kosupatravel.com

クレジットカードの設定を確認すること

海外旅行前に、クレジットカードが以下の設定になっているか確認しましょう。

  • 海外ショッピング利用可能設定: 海外でのショッピング利用を可能にする設定。
  • 海外キャッシング利用可能設定: 海外でのキャッシング利用を可能にする設定。
  • 利用限度額: 海外旅行中に利用する想定金額に合わせて、利用限度額を一時的に引き上げておく。

認可の下りていない両替商や、メルカリなどの個人取引は利用しないこと

認可の下りていない両替商や、メルカリなどの個人取引は、トラブルが発生した場合に泣き寝入りになる可能性がある上、そもそも取引自体が違法となるケースが多いです。安全確実に両替を行うためには、銀行、郵便局、信販会社などの信頼できる場所で両替しましょう。

国によっては日本円の両替ができないので米ドルで持って行く必要があること

国によっては、日本円の両替ができない場合や、レートが非常に不利な場合があります。そのような場合は、米ドルで持って行き、現地で必要な通貨に両替することをおすすめします。

その他の注意点

  • 暗証番号は絶対に他人に教えない。
  • スキミング被害を防ぐため、クレジットカードは肌身離さず持ち歩く。
  • 利用明細はこまめに確認し、不正利用がないかチェックする。
  • 万が一、クレジットカードを紛失・盗難した場合は、すぐにカード会社に連絡する。

海外旅行中にトラブルが発生すると、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。事前にしっかりと準備をしておき、安全にクレジットカードを利用しましょう。

まとめ

海外旅行時の両替は、手数料や安全性などを考慮して、上記の黄金律を参考にすると良いでしょう。現金両替は手数料が高いため、できるだけ避け、クレジットカードや海外クレジットキャッシングを活用するのがおすすめです。

事前に情報収集を行い、賢く両替することで、旅行をよりお得に楽しみましょう!