定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

モロッコに来たなら、少し足を延ばして田舎町へ。砂漠の玄関口「ワルザザート(Ouarzazate)」でマグリブ・ディープ文化に触れよう①【モロッコ旅行】

ロッコ旅行といえば、マラケシュやフェズなどの旧市街やシャウエン(シャフシャウエン)の可愛い町並みをを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、モロッコの魅力はそれだけではありません。今回は、少し足を延ばして砂漠の玄関口と呼ばれるOuarzazate(ワルザザート)をご紹介します。

Ouarzazate(ワルザザート)ってどんなところ?

Ouarzazateは、モロッコ南東部に位置する都市です。アトラス山脈の麓にあり、砂漠への玄関口として知られています。

maps.app.goo.gl

ワルザザートの良いところは、何と言ってもあまり観光地化されていないというところ。マラケシュなど有名観光地では欧米観光客がひしめき合っていますが、人里離れた田舎町であるワルザザートでは、観光客はほとんど見当たらず、まさに現地モロッコ人のありのままの暮らしを見ることができると言っても過言ではありません。

余談ですが、ワルザザートアラビア語で表記すると「ورزازات」。全ての文字が独立型で書かれている珍しい地名として、アラビア語マニアに地味に愛されている場所でもあります(ちなみに「青い町」として有名なシャウエン(Chaouen)は、英語表記で4つの母音が連続する珍しい地名、としてこれまた文字マニアに人気を博しています)。

全ての文字が独立系で記されているアラビア語地名は珍しい!

Ouarzazateの文化

Ouarzazateは、ベルベル人の文化が色濃く残る街です。ベルベル人は、モロッコ先住民族であり、独自の言語や文化を持っています。街中には、ベルベル人の伝統的な衣装や工芸品を売る店が並んでいます。また、ベルベル人の集落や民家を訪問して、彼らの生活様式を体験することもできます。

フェズやマラケシュメディナとは一味違う、素朴な露店がなんとも言えない情緒に溢れている。

Ouarzazateの見どころ

映画の街

Ouarzazateは、「モロッコのハリウッド」と呼ばれるほど多くの映画のロケ地として使われています。「アラビアのロレンス」や「グラディエーター」などの名作映画もここで撮影されました。映画スタジオ見学ツアーに参加すれば、映画の世界を体験することができます。

Musee du Cinema(Cinema Museum)では実際の映画のスタジオセットを見学可能

カスバ・タウリルト

17世紀に建てられた城塞です。城壁の上からは、Ouarzazateの街並みやアトラス山脈の壮大な景色を眺めることができます。

荘厳な土壁並ぶKasbah de Taourirt(Taourirt Kasbah)

ティネリール渓谷(Todgha Gorge)

Ouarzazateから車で約30分ほどの場所にある渓谷です。緑豊かなオアシスと奇岩が織りなす風景は、まさに絶景です。

www.instagram.com

砂漠ツアー

Ouarzazateは、サハラ砂漠へのアクセス拠点としても便利です。ラクダに乗って砂丘を散策したり、ベルベル人のテント泊を体験したり、砂漠ならではの冒険を楽しむことができます。

今回はスケジュールの都合上泣く泣くパスしましたが、ワルザザート拠点で大小いくつかの砂漠を訪問するツアーがあります。

Ouarzazateへのアクセス

Ouarzazateは、マラケシュから車で約4時間、フェズから車で約6時間です。各都市とも、CTSバスなどの都市間高速バスが利用できます。

CTMバスは事前予約をしてスケジュールを固めておきましょう

Ouarzazate訪問に必要な日数

Ouarzazateは比較的小さい町なので、1泊2日程度あればある程度主要観光地は回りきることができます。ですが、急ぎ足の観光ではなく、モロッコの田舎町ならではのゆったり雰囲気を味わいながら町を散歩したり、砂漠ツアーやティネリール渓谷へ足を延ばしたい場合は、2泊3日程度以上の滞在を見ておくことをお勧めします。ちなみに夏は非常に暑くなるので、旅行に行く時期は、春か秋がおすすめです。
 

いかがでしたでしょうか?

ロッコ旅行に飽きたら、Ourzazartへ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。砂漠の玄関口で、モロッコのディープな文化に触れることができます。次回記事では、ワルザザートで2泊3日のゆったりステイレポートをお届けするとともに、現地住民との交流の記録を執筆していきます!

次回記事はこちら

www.kosupatravel.com