定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

【事前予約必須】香港女子旅にペニンシュラホテルのアフタヌーンティーが絶対に欠かせない理由①予約に失敗しないための裏ワザをご紹介【海外ヌン活】

素敵な空間で正統派アフタヌーンティー!元イギリス領土、香港だからこそのハイクオリティーアフタヌーンティーを紹介します!

香港旅行といえば、グルメやショッピング、夜景など、魅力的な体験がたくさんあります。その中でも、女子旅で絶対に欠かせないのが、ペニンシュラ香港ホテル(The Peninsula Hong Kong Hotel)でのアフタヌーンティーです。ここでは、素敵なお茶とスイーツを楽しみながら、香港の伝統と格式を感じられる空間で、優雅なひとときを過ごすことができます。

本記事では、ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーの魅力と、楽しみ方について紹介していきます!また記事の最後では、滑り込みでも予約を成功させるための裏ワザをお伝えします!

ペニンシュラホテルってどんなところ?

ペニンシュラホテルの内装

ペニンシュラホテルは、香港の九龍半島尖沙咀にある、歴史と伝統を誇る高級ホテルです。1928年に開業以来、数々の著名人を魅了し続けてきました。香港のシンボルであるビクトリアハーバーを望む絶好のロケーションにあり、クラシカルな雰囲気と現代的な設備が融合した優雅な空間が広がります。

今となってはペニンシュラホテルは世界的ホテルチェーンで、国内でもザ・ペニンシュラ・東京が有名ですが、その輝かしい歴史を開いた第一号ホテルこそがこのペニンシュラ香港なのです。

こちらが外観。九龍半島が名前の由来らしい?

ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーの魅力

クラシカルな三段構造

ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーは、香港発祥と言われています。伝統的な3段ティースタンドに、スイーツ、セイボリー、スコーンが美しく並べられ、見た目も華やかな正統派アフタヌーンティー。スイーツは、香港の伝統菓子のオマージュや季節のフルーツを使ったものなど、バラエティ豊富に用意されています。セイボリーは、サンドイッチやキッシュなど、軽食が中心です。スコーンは、かつてはプレーン、レーズン、チョコレートなど、3種類から選ぶことができたそうですが、私たちが訪問したタイミングでは既にメニューが決まっていました。すべて、ペニンシュラホテルの熟練したシェフによって丁寧に作られており、味はもちろんのこと、見た目も芸術作品のようです。

イギリス文化として有名なアフタヌーンティーですが、香港はかつてイギリスの領土であったことから、今もなお上質なアフタヌーンティーが根強く残り、愛されているのかもしれませんね。

ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーを楽しむためのポイント

1. 事前に予約する

ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーは、非常に人気が高いため、事前予約が必須です。特に週末は混雑するため、早めに予約しておきましょう。※ちなみに、既に席が埋まっている場合など、予約に失敗したとしても後述の裏ワザにより挽回可能です!

2. ドレスコードを守る

ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーは、ある程度清潔感のある服装が求められます。スマートカジュアルほどかしこまる必要はありませんが、タンクトップやビーチサンダルなどは場を台無しにするのでNG。女性の場合は、ワンピースなどがおすすめです。

3. 時間に余裕を持って行く

アフタヌーンティーは、2時間制となっています。ゆっくりと食事を楽しみたい場合は、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

4. 写真をたくさん撮る

せっかくの優雅な空間なので、写真をたくさん撮りましょう。特に、3段ティースタンドに並べられたスイーツやセイボリーは、写真映え抜群です。

5. ホテル内を散策する

また、ペニンシュラホテルに来たからには、ホテル内をおもいっきり散策しましょう。歴史を感じる荘厳な内装とともに写真を撮っても楽しいですし、数々のブティックが入っているのでゆったりショッピングを楽しむのも良し。宿泊するとなると結構な金額が掛かりますが、アフタヌーンティーついでであればお得に雰囲気を味わうことが出来ますね!

滑り込み予約のための裏ワザ

最後に、予約をしないまま日程が近づいてきて、気付いたときには既に満席...と落ち込んでいる方向けに朗報を。原則ペニンシュラホテルのアフタヌーンティーは14時からスタートとされているものの、実はランチタイム予約の客もアフタヌーンティーを利用することが出来ます!14時以降の枠が空いていなかったとしても、例えば13時半のランチタイム席を予約しておき、30分ほどお茶を飲みながら、14時のメニュー変更を待つ、なんてことも可能です(少しズルく感じるかもしれませんが、2時間制を守ってさえいればルール違反ではありませんし、ホテルに迷惑がかかることもありません)。

ティータイム予約枠が空いておらず落胆した方は、今一度ランチタイムの空き状況をチェックしてみてください!

まとめ

香港女子旅で絶対に欠かせない、ペニンシュラホテルのアフタヌーンティー。伝統と格式を感じられる空間で、優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

次回記事では、実際に頂いたメニュー例を紹介しながら、詳しい食レポをお届けします!

次回記事はこちらから!

www.kosupatravel.com

ペニンシュラ香港の予約はこちらのリンクから!

香港・マカオ・台湾旅行情報オープンチャットの新設のお知らせ

この度、より有益でコスパ抜群の旅行情報発信や、旅行に関してお困りの方々からの個別質疑応答を行えるよう、LINEオープンチャットを新設しました!香港、マカオ、または台湾旅行を計画中の方や、ご興味のある方はぜひご参加くださいませ!

line.me