定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

【香港女子旅①】待ち時間ほぼ0分でアトラクション乗りまくってきた!本気でディズニー楽しみたい方向け香港ディズニーランド体験レポート【ホテル編】

ディズニー好きの皆さん、こんにちは!旅行ブロガーのあれさです。今回はディズニーランドについてとっても耳寄りな情報を持ってきました!

子供達はもちろん、大人になってからもずっと夢の国ディズニーランド。行く度にワクワクするけど、決まって毎回痛感するのが、人混みの凄まじさ。週末ともなると、乗り物一つ乗るのに2~3時間待ちは当たり前。せっかくディズニーに行っても、大半の時間をライド待ちでスマホをいじりながら過ごすなんてことも珍しくないですよね。ましてや、ディズニー慣れしていない方だと、事前予約がうまく行かず当日全然楽しめなかったなんてことも。

そんな皆様に朗報が。実は香港ディズニーランドなら、ほとんど待ち時間0分でどんな乗り物でも楽しむことができます!今回は、実際に香港ディズニーランドへ行き一通り乗り物を体験してきたので、旅行記ブログ記事として、詳しいレポートを執筆したいと思います!

香港ディズニーランドホテルの予約は、キャンセル無料のBooking.com経由がお得です!

www.booking.com

香港ディズニーランドとは?

香港ディズニーランド(Hong Kong Disneyland/香港迪士尼樂園)は、2005年に開業した世界で二番目に新しいディズニーランド。また世界で最も狭いディズニーランドと称されるものの、その狭さから(とは言っても一日全力で歩き回っても到底回りきれません!)来訪者数が少なく、混雑することが滅多にないことが特徴です。また狭い敷地面積に反して、アドベンチャーランドジャングルクルーズ、そしてミッキーのフィルハーマジックの面積は全世界のディズニーパークの中でも最大と言われているので、ファンには堪らないですね。

また最近では、世界初となるアナと雪の女王のアトラクション、ワールド・オブ・フローズンがオープンしており、その人気に拍車が掛かっています。

早朝便で香港へ到着、そのままディズニーランドリゾートへ直行

今回は時間と旅費の節約も兼ね、日本深夜発・香港早朝着のHKエクスプレス便を利用しました。LCCですが、搭乗中は寝るだけなのでなんのその。ランドに備えてしっかりと睡眠を撮ります。

国内ではお目にかかれない、プレタマンジェのコーヒー

香港国際空港に着いたら、気付けのコーヒーをグラッブしてディズニーランド駅へと向かいます。ちなみにこちらのプレタマンジェ(PRET A MANGER)はイギリス発のサンドイッチ屋&コーヒー屋さん。一昔前に日本にも進出していたもののその後撤退してしまったため、今や国内で見かけることがないブランドです。香港ではプレタ以外にも、イギリス発のショップが数多く進出しています。特に、イギリス発のアンティークなお菓子屋さんは香港旅行の際は訪問マスト!別記事でも詳しく説明しているので、あわせて読んでみてください!

www.kosupatravel.com

ディズニーランド線の電車や駅もかわいい!

空港から電車でディズニーランド(迪士尼)駅まで向かいます。欣澳駅で乗り換え、ディズニーランド線へ。

駅へやって来たディズニーランド線の電車。窓枠がミッキー型に切り抜かれ、とてもかわいです。

電車の中も凝っており、ミッキーの像などの装飾があれやこれやと並べられています。

そしてディズニーランド駅へ到着。少しレトロなデザインが心をくすぐりますね。

ディズニーランドホテルへ訪問

改札から出るとすぐに香港ディズニーランドの入口が。だけどまだ朝の8時。10時開園なので早すぎたのか、ランドの従業員と思わし方々しか人影がありません。一旦ホテルへ向かうことにします。

駅の反対側に、ディズニーランド駅とホテルを巡回するシャトルバスの乗り場があります。ちなみに、香港ディズニーランドには、ディズニーランドホテル、ハリウッドホテル、エクスプローラーズロッジの3つのホテルがあります。ハリウッドホテルは映画をテーマにした装飾や映画撮影スタジオを模したようなデザインが特徴のホテルで、エクスプローラーズロッジはその名の通り、探検家のロッジのようなサバイバルキャンプ感のあるつくりになっています。今回は一番オーソドックスなディズニーランドホテルを予約しました。

ホンコン ディズニーランド ホテル(香港)– 2023年 最新料金

ディズニー エクスプローラーズ ロッジ(香港)– 2023年 最新料金

ディズニー ハリウッド ホテル(香港)– 2023年 最新料金

こちらがシャトルバス。この時間帯だからか、乗客はほとんどいませんでした。

そしてディズニーランドホテルへ到着!ディズニーの世界観たっぷりのかわいくてゴージャスな見た目。これぞディズニー!という感じがしてテンションが上がってきました。ちなみに、我々が予約したときは一泊3万円ほどでしたが、時期や曜日などで金額が上下する可能性があるのでご注意を。

香港ディズニーランドホテルの入口。

ふと足音を見下ろすと、土で描かれたミッキーのイラストが。清掃員の方が朝早くに描いてくれたのでしょうか。こういう細かい茶目っ気にこそディズニーの粋なはからい、そしてホスピタリティを感じますよね。

ホテルを散策

開園まで時間もあるのでホテルを散策してみます。こちらはロビーエントランス。何やら奥の方に人だかりが。

なんとグーフィー太極拳を実演していました!グーフィーの動きにあわせて、見よう見まねで太極拳を楽しむ老若男女。これぞ、日本では見られない香港ディズニーランドならではの光景だと感じますね。f:id:hallur:20230715130727j:image

今度はドナルドが搭乗。太極拳が終わったら、ドナルドとのふれあいタイムも設けられてしました。

さて、建物内を探検してみます。中にはお土産屋さんや、子供向けドレスブティック、レストラン、大人向けのバー等が並びます。また、屋外プールやジムも完備しているので、長期滞在ユーザーも運動不足の心配がありませんね。

館内の至るところにかけられている絵画。まるでおとぎ話の中の城に迷い込んだかのような没入感を高めてくれます。

フィットネスジムの手前に何やらミニチュアハウスが。せっかくなので中を覗いてみましょう。

スマホカメラの限界に挑む。ミニチュアハウスの中にはシルバニアも真っ青の精巧なミニチュア家具達が。細部にまで夢つまっていて流石はディズニー印ですね。

ちなみに部屋はこんな感じです。壁に掛かっているディズニーランドホテルの絵画が可愛い。

部屋の外からはホテルのお庭が見えます。1階の部屋でしたが、中々素敵な景観ですね!

そしてディズニーの細かいおもてなしはこんなところにまで。思わず持って帰りたくなるミッキー印の固形石鹸。

ちなみに階数は確か7階くらいまであり、高さを生かした立体的な内装がとてもゴージャス。

外へ出ると、こんな感じで解放感たっぷりの庭がひろがます。写真では分かりにくいですが、中央にはミッフィーの形を模した迷路が設けられています。ヤシの木がたくさん植えられており、熱帯のリゾート感がたまりません。

ゴルフコースを模したちょっとした飾り付けも可愛い。細かい仕掛けまでくまなく見ていると、ついホテル散策だけで半日が終わってしまいそうです。

いかがでしたでしょうか?

今回は、香港ディズニーランドの体験レポート前編として、到着までの流れとホテルの様子についてレポートしました。香港ディズニーランドは、東京ディズニーランドとはまた違った趣があって面白いですね。次回記事では、いよいよランド内の様子についてレポート執筆しますので、乞うご期待を!

次回記事はこちら!↓

www.kosupatravel.com

香港ディズニーランドホテルの予約ははこちらのリンクから!

  

その他のディズニーホテルもチェック!

www.booking.comディズニーエクスプローラーズロッジ

www.booking.comディズニーハリウッドホテル

 

香港・マカオ・台湾旅行情報オープンチャットの新設のお知らせ

この度、より有益でコスパ抜群の旅行情報発信や、旅行に関してお困りの方々からの個別質疑応答を行えるよう、LINEオープンチャットを新設しました!香港、マカオ、または台湾旅行を計画中の方や、ご興味のある方はぜひご参加くださいませ!

line.me

この記事を書いたライター:
 

貧乏女子旅ならお任せを。可愛いもエモいもおいしいも安いも、全部欲張りながら旅してます。