定番ツアーはもう飽きた?ローカル旅行情報発信サイト「コスパトラベル」

パッケージツアーやガイドブックに頼った旅行に飽きてしまった大の旅行好きの方々向けに、ローカルでコスパの良い旅行プランをまとめたポータルサイト

行き当たりばったりでモルディブを旅するなら大型島がねらい目!予約なしでも何とかなるローカルアイランド3選(完全版)

真っ白な砂浜、透き通ったターコイズブルーの海、そして水上コテージ。モルディブはまさに夢のような楽園です。しかし、一般的にモルディブ旅行は高額で、リゾートの予約も必須とされています。そんなイメージを覆したのが、近年注目を集めている「ローカルアイランド」です。とはいえ、そんなローカルアイランドへの旅行においても、他の途上国とは異なり、ホテルや交通便の事前予約をしておかないと、上手に旅をすることができないのがモルディブ。本記事では、そんなモルディブにおいても、可能な限り一期一会の出会いを大切にしながらノープランで旅行をしたい、というバックパッカー向けに、お勧めのローカルアイランドを紹介させていただきます。

前提:モルディブ旅行の常識を覆すローカルアイランド

モルディブは大小さまざまの1,000以上の島々からなる国で、観光客の目的地となる島の多くはリゾートアイランドです。1島1リゾートの形態が一般的で、宿泊施設の数は限られています。また、島間の移動手段も限られているため、事前に宿を予約しておかないと旅行が難しい状況でした。しかし、2009年に政府の方針転換があり、観光客の宿泊が解禁されたのが「ローカルアイランド」です。ゲストハウスやホテルなど宿泊施設が建つようになり、比較的自由に滞在できるようになったことで注目を集めるようになりました。

ただし、多くのローカルアイランドではまだまだ観光発展が進んでおらず、島に一つしかゲストハウスがないなんてことも。島によっては公衆フェリーの便数が少ない場合もあり、移動に時間がかかることもある他、一般的な交通手段である「スピードボート」は、ホテルやゲストハウスを通じた予約利用が前提となっております。それ故、当日どの島に行くかを決めて、どの宿に泊まるかを見定める、というバックパッカースタイルの旅行は、モルディブでは非常に困難であると言えます。

予約なしでも安心!大型島が狙い目

そうは言っても、予定に縛られるのは嫌だ、というバックパッカーの皆様。確かに、小型のローカルアイランドへの急な訪問はリスクを伴いますが、公衆フェリーやホテルの多い大型島であれば、予約なしでも訪問・滞在することが可能です。

それでは、大型島の中でも、特にバックパッカーにおすすめのローカルアイランドを3つご紹介します。

1. マアフシ(Maafushi)

マアフシ(マーフシ)は、南マーレ環礁にある人口約2,500人の島です。島内にはゲストハウスやホテル、レストラン、ショップなどが充実しており、比較的過ごしやすい環境です。ダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティも楽しめます。

マアフシの魅力

    充実した施設: ゲストハウスから高級ホテルまで、予算に合った宿泊施設が見つかる
    活気のある雰囲気: マーケットやレストランが立ち並び、島の散策も楽しい
    アクティビティの宝庫: ダイビング、シュノーケリング、サーフィンなど、海のアクティビティが充実

2. ヴィリンギリ(Villingili)

ヴィリンギリは、北マーレ環礁にある人口約4,000人の島です。マレの首都圏とした栄えてきた島で、マレ発着のフェリーが頻繁に運航しているため非常にアクセスがしやすいことで知られます。より多くの宿泊施設やレストラン、ショップがあります。ビーチも広く、ゆっくりと過ごすことができます。ただ、マレから近い距離にあるため、ビーチの向こうに高層ビル群が見えたり、人里離れた離島感は楽しめないのが難点。持ち時間が限られた場合や、移動が不安な場合などに訪れると良い島と言えるでしょう。

ヴィリンギリの魅力

    ゆったりとした時間: 少ない移動時間で喧騒を離れ、静かに過ごしたい人におすすめ
    美しいビーチ: 白砂とターコイズブルーの海が広がる、絶景ビーチ
    充実のマリンスポーツ: シュノーケリングカヤックなど、気軽に楽しめるアクティビティ

3. ヒマフシ(Himmafushi)

ヒマフシは、北マーレ環礁にある人口約5,000人の島です。ローカルアイランドの中では比較的多く、活気のある雰囲気がある他、特に東海岸はサーファーの聖地としても知られ、マリンスポーツを楽しむ観光客でにぎわっています。また、島内には市場やモスクなどもがあり、ローカルな雰囲気を味わえます。

ヒマフシの魅力

    活気あふれる雰囲気: 島民との交流も楽しめる、ローカルな雰囲気が魅力
    充実した市場: 新鮮な魚介類や野菜、果物などが並ぶ、活気あふれる市場
    モスク見学: イスラム教の文化に触れることができるモスク見学

まとめ:モルディブ旅行の新しい扉を開くローカルアイランド

従来モルディブ旅行は、高額なイメージが先行していましたが、ローカルアイランドを選ぶことで、比較的リーズナブルに楽しむことができます。特に、大型島であれば、公衆フェリーの便も多く、移動も簡単です。一期一会の出会いを大切にするバックパッカーには、マアフシ、ヴィリンギリ、ヒマフシなどの比較的発展が進んだローカルアイランドがおすすめです。ぜひ、自分だけのモルディブ旅行を計画してみてください。